2012年05月01日

アレクサンデル・ダーレオーエン選手(ノルウェー)が4月30日に米国内で死亡

米国の複数のメディアは1日、昨年行われた世界水泳選手権の競泳男子100メートル平泳ぎで優勝したアレクサンデル・ダーレオーエン選手(ノルウェー)が4月30日に米国内で死亡したと報じた。26歳だった。同選手はロンドン五輪で3大会連続2冠を目指す北島康介(日本コカ・コーラ)の最大のライバルになるとみられていた。
 報道によると、ダーレオーエン選手はトレーニング中のアリゾナ州フラッグスタッフのホテルの浴室で倒れているところを発見され、病院に運ばれたが、死亡が確認された。死因の詳細は明らかにされていない。
 ダーレオーエン選手は北京五輪の同種目で北島に次いで銀メダル。ロンドン五輪では金メダルの有力候補だった。 


http://akiba.geocities.jp/usedmac194/
posted by tokina5321 at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。